読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

10年後のためにワークシフトを読め!変化を学ばない人は淘汰される

仕事とお金-働き方の変化 仕事とお金

どうも、Glocal Lifeです。

世界的なベストセラー「ワークシフト」を読んだんですが、

これからの時代に乗り遅れるのは

変化を学ばない人間」だなぁ〜とつくづく思いました。

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

これまでの働き方が通用しない時代

私は今30代前半なのですが、

私たちの世代がこれから生きる世界では

これまでの働き方が通用しなくなってきたと感じています。

www.glocallife.net

私たちの世代が感じる今の日本の「生きづらさ」というのも、

この働き方の急激な変化が大きい気がします。

www.glocallife.net

新しい働き方の台頭

ただ、ポジティブに捉えると、

新しい働き方というのも可能になってきたとも感じています。

www.glocallife.net

大きな変化の波に乗れるかどうか

ただ、あと5〜10年以内にやってくる

大きな変化の波に乗れるかどうかでも明暗が分かれるでしょう。

www.glocallife.net

働き方の大変革に備えるために

これから来る働き方の大変革に備えるための必読書の一つは、

世界的なベストセラー「ワークシフト」でしょう。


この本の著者であるロンドン・ビジネススクール教授

リンダ・グラットン(Lynda Gratton)は、

経営組織論の世界的権威で、


英タイムズ紙の選ぶ

世界のトップビジネス思想家15人」のひとりです。


ファイナンシャルタイムズでは

今後10年で未来に最もインパクトを与えるビジネス理論家」と賞されています。

(Amazonの著者紹介文より)

本の内容紹介

Amazonの本の内容紹介が、よくまとまっていたので紹介します。

下流民か、自由民か。

地球規模で人生は二極分化する


2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?


ロンドン・ビジネススクールを中心とした、

「働き方コンソーシアム」による、

世界規模の研究が生々しく描き出す2025年に働く人の日常


「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、

「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。


どちらの人生になるかは、

〈ワーク・シフト〉できるか否かにかかっている。

働き方が変わる! 〈5つのトレンド〉

1. テクノロジーの発展

2. グローバル化

3. 人口構成の変化と長寿化

4. 個人、家族、社会の変化

5. エネルギーと環境問題

働き方を変える! 〈3つのシフト〉

1. ゼネラリスト→連続スペシャリスト

2. 孤独な競争→みんなでイノベーション

3. 金儲けと消費→価値ある経験

2025年の働き方

1. 「食えるだけの仕事」から意味を感じる仕事へ、

2. 忙しいだけの仕事から価値ある経験としての仕事へ、

3. 勝つための仕事からともに生きるための仕事へ。

覚悟を持って選べば、未来は変えられる。

(注)枠線で囲った部分はAmazonの本の内容紹介より引用。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

見出しを見るだけで、少しワクワクしませんか?


それとも、これからの働き方の急激な変化に

皆さんは不安を感じるでしょうか?


大変に興味深い本なので、

また次回に詳しい感想を書きたいと思います。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net