読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

タゴールの『ひとり歩む』という詩と内向型人間の勇気

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、内向型の勇気について考えてみました。

f:id:kbooks:20170417132513j:plain

タゴールの『ひとり歩む』

アジア人初のノーベル文学賞受賞者であるタゴールについては、

以前の記事でも書いたが、

www.glocallife.net

タゴールの『ひとり歩む』という詩が好きだ。

大学時代に恩師が教えてくれた詩です。


好きな箇所を抜粋してみます。

「君の呼びかけに誰も答えないならば、

君よ、我が道を一人征(ゆ)け。


皆が恐れを抱いて沈黙するならば、

君よ、開いた心と恐れなき声をもって、

ただ真実のみを語れ」

君よ、失望してはならない

抜粋の続きです。

「暗い嵐の夜にだれも松明(たいまつ)に火をつける者がなく、

扉をたたく君にだれ一人として応じる者がいなくとも、

君よ、失望してはならない。


雷(いかずち)が激しくとどろくなかで、

我が心の松明に火をつけ、

一人、暗闇(くらやみ)のなかで火を燃やせ」

(タゴール『ひとり歩む』)

君の心に響く小さな声を信じ給え!

このタゴールの詩は、

以下のガンジーの言葉とも響き合う気がします。

「たとえ一人になろうとも、全世界に立ち向かい給え!


世界から血走った眼で睨(にら)まれようとも、

君は真っ向から世界を見すえるのだ。


恐れてはならない。

君の心に響く、小さな声を信じ給え! 」

(ガンジー)

内向型の勇気

この「君の心に響く、小さな声を信じ給え!」の箇所が、

内向型の私としては、すごく好きです。


この本によると、

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

数日前の記事で紹介したローザ・パークスさんも、

典型的な内向型の人間だそうです。


内向型の人間にとっての勇気とは、

「自分の心に響く小さな声を信じること」のような気がするんですよね〜


そして、もちろんガンジーも顕著な内向型の特徴を持っていた人でした。

詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

www.glocallife.net

まとめ

という訳で、今回の記事では、

内向型の勇気について考えてみました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net