読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

ブログで自分語りをすべきか?

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では「ブログで自分語りをすべきか?」について考えてみました。

f:id:kbooks:20170328050049j:plain

ブログで自分語りをすべきか?

ブログで、どこまで「自分語り」をしていいものか悩む。

基本的にブログは「役に立つ情報」を発信した方が、読まれるからな。


ただ、全ての議論に前提条件があって、

「自分がどういう人間か?」というのが、

その前提条件の部分に当てはまると思う。


でも、知人でもない人間の「自分語り」はウザいしな…とも思う。

日常会話では話せないこと

私がブログを好きなのは、

自分の中で「普段の日常会話では、話せないこと」を昇華できるからだ。


日常会話で、こんなことを話したら『小難しいやつだ』と思われるような話題でも、

ブログだと気軽に書けるのがいい。


「自分語り」も「普段話せないこと」なんだけど、ブログで書いちゃっていいかな?

誰かにとって役に立つ情報

私が「自分語り」をブログに書こうかと悩むのは

「誰かにとって役に立つ情報」だと思うからだ。


役に立たない人には、役に立たないだろうけど、

世の中には、その情報を有益に思う人もいると思う。


そう考えると、他のブログ記事と同じだな。

日常会話では役に立たない情報が、ブログでは有益になったりする。

避けるのが簡単

そう考えると

「自分の議論の前提条件となっている『自分とは、どういう人間か?』という情報を開示する」という面で

「自分語り」も役に立つのかもしれない。


日常会話で自分語りをすると「ウザいやつ」だけど、

ブログでは、興味がなければ読まなければいいだけだもんな。


リアルな会話より避けるのが簡単だと思う。

自分語りをする動機

以上「ブログで自分語りをすべきか?」を考えてみました。

重要なのは「自分語りをする動機」だと思う。


それが自己満足や自己顕示の欲求だったら、

チラシの裏にでも書いておけばいい。


ただ、その情報が、たった一人でも誰かの役に立つと思うのなら、

ブログで公開してみてもいいんじゃないかと思った。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net