読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

脳は違いを見つける方が簡単?他人との共通点を探すのには知性が必要

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、多様性の尊重に不可欠な資質について考えてみます。

f:id:kbooks:20161126021038j:plain

人との違いを見つける方が簡単

人間の脳というのは、

自分と他人の違いを見つける方が簡単で、

自分と他人との共通点を見つける方が

難しくできているらしい。


自分と違う人にすぐに文句をつけたがる人は、

簡単で楽な脳の使い方しかしていないと言うこともできる。


逆に相手に敬意をもって、共通点を探して、

協調していくためには知性が必要だ。

グローバル時代に不可欠な資質

ちなみに「脳は違いを見つける方が簡単」というのは、

原始的な動物だった時に

「普段と違う=危険な兆候」を見つけるのに

特化していたからだという。


文明化された人間だったら、

もう少し深い脳の使い方をしたいものだ。


自分とは異なる相手と、

共通点を探し出して、協調していくのが、

グローバル時代に不可欠な資質だと思う。

「異なる他者を尊重する」アメリカ

ちなみに、アメリカでは

「異なる他者を尊重する」ということが、

徹底的に叩き込まれるが、


「自分の主張を堂々と述べる」ことに重点を置くばかりに、

「他者の主張を注意深く理解する」という力は弱いように思う。

www.glocallife.net

「アクティブラーニング」の問題

どうやら、その問題は、

最近アメリカで人気の

「アクティブラーニング」一辺倒の教育方針のせいでもあるらしい。


この記事で語られている、この部分は、

まさに私がアメリカの教育の中で、

足りていないと感じてた箇所だ。

「自分の意見を持つことよりも、

まず、そこに書かれた他者の意見を

理解することが先ではないのか。


そのためには、

沈思黙考の中での知的なアクティブさこそが、

求められるのである」

mine.place

沈思黙考の中での知的なアクティブさ

「沈思黙考は本来アクティブなのだ。

精神活動としては。」

という箇所にもあるように、


アメリカは、外向型の文化のせいか、

沈思黙考の中での知的なアクティブさが軽視されていると思う。


New Group Thinkingとも呼ばれている

この新しい教育方針も問題は、

この本の中でも詳しく論じられている。

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

ちなみに、こちらが廉価な文庫本バージョンです。

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

まとめ

という訳で、今回の記事では、

多様性の尊重に不可欠な資質について考えてみました。


結論としては、以下の3点です。

1)人間の脳というのは、

自分と他人の違いを見つける方が簡単で、

自分と他人の共通点を見つける方が

難しくできているらしい。


2)自分とは異なる相手と、

共通点を探し出して、協調していくのが、

グローバル時代に不可欠な資質だと思う。


3)そのためには、

他者の主張を注意深く理解するための

沈思黙考の中での知的なアクティブさが求められる。

多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net