読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

アメリカは推薦状社会!推薦状を頼まれた時にどうするか?

私の転職 私の転職-米教授の仕事

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では「推薦状を頼まれた時にどうするか?」を

考えてみたいと思います。

f:id:kbooks:20160930014902j:plain

アメリカは推薦状社会

よく知られていることですが、

アメリカは推薦状を中心に回っている社会です。


大学や大学院への進学にも複数の推薦状がいるし、

就職の場合も、推薦状は欠かせません。


その他、留学やインターンシップなどでも、

推薦状は必須とされています。

推薦状を頼まれるのは大学教授

では、そのように大量に必要になる推薦状は、

誰に頼むのかというと、

一番てっとり早いのは、お世話になった教授とかでしょう。


以前の記事でも書いたように、

アメリカでは、学生のクラブ活動の顧問なども、

大学教授がやらされるので、

こういう雑務もけっこう回ってきます。

www.glocallife.net

私も多い時では、

1学期に20通以上の推薦状を書いたりします。

書くかどうか悩む場合

私は頼まれた推薦状は、

基本的には、全て了解して書きますが、

時には了解するかどうかを悩む場合もあります。


こちらのツイートで呟いたのは、

了解するかどうか悩んだ場合でした。


学生自身に選ばせる

このツイートに関しては、Twitter上で、

いろんな方のアドバイスを頂いたりもしたのですが、


結局、私に推薦状を頼んだ場合の

メリットとデメリットを学生に説明して、

学生自身に選ばせるという方法を取りました。


推薦状は、就職にしろ、進学にしろ、

学生の進路を決める大事な書類となるので、

なるべく誠実に向き合って書きたいと思っています。

まとめ

という訳で、今回の記事では、

「推薦状を頼まれた時にどうするか?」を考えてみました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net