読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

身近な子供を伸ばし守るのが普遍の正義!漫画「絶対可憐チルドレン」

本・漫画・音楽-おすすめ漫画 本・漫画・音楽

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、漫画を通して

「普遍的な正義とは何か?」を考えてみました。

絶対可憐チルドレン(2) (少年サンデーコミックス)

絶対可憐チルドレン(2) (少年サンデーコミックス)

消耗品の娯楽を超える

私は基本的に漫画は、消耗品の娯楽だと思ってて、

よっぽど気に入った漫画じゃないと、

一度読んだものを読み返すことはしないんだけど、


なぜだか「絶対可憐チルドレン」だけは例外で、

既刊の46巻全てを、この秋だけでも5回は読み直している。


たぶん、私はこの漫画を支えている思想的な部分が、

すごい好きなんだと思う。


「絶対可憐チルドレン」の魅力については、

こちらの記事でも詳しく語っている。

www.glocallife.net

「心の傷の癒し方」について考えたもう一つ記事も合わせて、

すでに2つの記事で紹介しているが、

今回の記事では、作品世界を支えている思想について語りたい。

www.glocallife.net

作者の椎名高志

「絶対可憐チルドレン」が好きすぎて、

作者の椎名高志のブログまで読んだ。

完成原稿速報・ブログ版


私の世代(30代前半)の人間なら、

椎名高志といえば「絶対可憐チルドレン」より

「GS美神 極楽大作戦」の作者と言えば分かりやすいだろうか?

「GS美神 極楽大作戦」

GSとは「ゴーストスウィーパー」のことで、

美人でナイスバディの美神が、

助手の横島をこき使いながら、

悪霊を退治するドタバタなコメディ漫画だ。

GS美神 極楽大作戦!!(1) GS美神 (少年サンデーコミックス)

GS美神 極楽大作戦!!(1) GS美神 (少年サンデーコミックス)

椎名高志のブログ

ちなみに、私はブログより本が好きな人間なので、

漫画作者のブログを読んだのは、今回が初めてだ。


しかも数年前までの過去記事まで遡って、

8時間ぐらいぶっ続けで読んだ。

www.glocallife.net

徹底的に調べ上げる気質

たぶん私の「気になったものは、徹底的に調べ上げる」

研究者気質というか、オタク気質が、発揮されたのだと思う。


独自ドメインに移行するかどうかを決める時も、

10時間ぐらいかけて調べあげたし、

www.glocallife.net

ドメインの「com」と「net」と「jp」のどれがいいかも、

8時間ぐらいかけて、徹底して調べた。

www.glocallife.net

「絶対可憐チルドレン」の思想が好きだ

椎名高志のブログに話を戻すと、


椎名高志のブログを数年前までの過去記事まで遡って、

8時間ぐらい読み続けて、


自分が何故こんなにこの作品に惹かれるのかの理由が、

すごく納得できた気がする。


以下、枠線の部分は、椎名高志のブログからの引用です。


「絶対可憐チルドレン」の作品世界の根幹を支えている思想的な部分を、

作者がブログの中ではっきり説明している箇所を引用しました。

絶対に普遍の正義とは子供を伸ばして守ること

「絶対可憐チルドレン」が好きな1つ目の理由は、

身近な子供を伸ばすこと、守ることだけは絶対に普遍の正義

という主張に共感するからだ。

絶チルは「美少女三人を主人公にして、

手堅く当てに行ったのだろう」などと

言われることがありますが(笑)、まったくちがいます。


編集部からはあらゆる点で猛反対され、

私も売れるとは全く思っていなかったけど、

ただあのときは「今自分はこれを描かなければならない」という

捨て身の体勢でした。


世の中の価値観がバラバラになって

何をして良いのかよくわからない中、


「身近な子供を伸ばすこと、守ることだけは絶対に普遍の正義」

という主張を自分の中に発見して、


さらにそこに自分自身の不器用さへの肯定を込めるというのは、

当時の私には商売抜きで

全てを賭けてしがみつく価値のある仕事だったのです。


生存戦略とわたくし :週刊少年サンデー13/11号: 完成原稿速報・ブログ版

実際に二人の息子さんを育てていらっしゃる椎名さんと私では、

言葉の重みが違うのかもしれませんが、


「身近な子供を伸ばすこと、守ることだけは絶対に普遍の正義」

という主張は、私も全面的に共感しますし、強く支持します。


椎名さんと似たような信念で、

以前こういう記事を書いたこともあります。

www.glocallife.net

幸せな思い出が子供を支える

「身近な子供を伸ばすこと、守ること」というのは、

簡単にいうと、身近にいる子供たちに、

幸せな思い出を作ってあげることだと思う。


私が好きな「絶対可憐チルドレン」の場面の一つに、

大人になった子供たち未来からタイムスリップしてきて、

子供の時に面倒を見てくれた人に、こう伝える場面がある。

f:id:kbooks:20161201095009p:plain

あなたは私たちに幸せな過去をくれたわ。

でも、未来は大人になった私たちが創っていく。

子供はいつか大人になって、独り立ちをする。


大人になった彼らが創る未来は、

最大限に尊重されるべきだ。


子供たちが大人になった時に、

私たちはもうこの世にはいないかもしれない。


でも、その時に彼らの心の支えになるのは、

「子供時代の幸せな思い出」じゃないだろうか。


だから私たちが子供たちにしてやれる最大限の応援は、

「幸せな思い出」を贈ってやることじゃないだろうか。


また別の場面では、主人公はこんなことを言う。

f:id:kbooks:20161201100537p:plain

あの人の描こうとしている未来は、

信じていいのよ。


本当の敵は、

人間から幸せな思い出を奪って

その未来をも破壊する奴らなの。

この言葉にもあるように、

児童虐待を絶対に許しちゃいけない理由は、

子供から幸せな思い出を奪って、

その未来をも破壊するからじゃないだろうか。

教育とは良い思い出を贈ること

私の恩師は以前「教育とは、学生に良い思い出を、

たくさん作ってあげることだ」と仰っていた。


私も自分が学生だった時は、何も気づかなかったが、

卒業して時が経てば経つほど、

恩師が贈ってくれた沢山の言葉や思い出が輝きを増して、

泣きたくなるほど辛い時や苦しい時の

私の心を支えてくれたように思う。


子供というのは、いつか必ず大人になる。


その時に子供たちの心の支えになる何かを

たった一つでも贈ることができたら、

教育者として本望なんじゃないかと思う。


恩師の言葉に関しては、

こちらの記事に詳しくまとめてあります。

www.glocallife.net

まとめ

という訳で、今回の記事では、漫画を通して

「普遍的な正義とは何か?」を考えてみました。


結論としては、以下の3点です。

1)「世の中の価値観がバラバラになって

何をして良いのかよくわからない中、

『身近な子供を伸ばすこと、守ることだけは絶対に普遍の正義』」

という作者の主張に共感する。


2)子供たちは、いつかは大人になるが、

子供時代の幸せな思い出が、

これからの人生を生きる支えになると思う。


3)私の恩師は「教育とは、学生に良い思い出を、

たくさん作ってあげることだ」と言っていたが、

今度はそれを子供たちに贈ってあげられる大人になりたいと思う。

多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net