読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

身体感覚が狂うと心も病みやすくなる?アメリカの車社会が苦手な理由

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、

身体感覚と心の健康について

考えてみたいと思います。

f:id:kbooks:20160717164919j:plain

車の運転が好きじゃない理由

そもそも車の運転が好きじゃない。

車の運転は身体感覚が狂わされる気がして苦手だ。


一番好きなのは歩くことで、

最近は夏休みで時間があるので、


往復4キロを1時間かけて、

一番近くのスーパーまで毎日散歩がてら、

食材を買いに行っている。

車は身体感覚を狂わせる

アメリカの車社会が苦手だ。

アメリカでは人が歩くように街が設計されていない。


車は身体感覚を狂わせる。

身体感覚が狂ってくると、心も病んでくる。


エヴァンゲリオンで子供達が病んでいったのは、

多感な思春期に、あんなに大きな乗り物に乗らされて

身体感覚を狂わされたせいじゃないかとも思う。

人間は歩くようにできている

人間は生物学的に歩くようにできている。

人工的な乗り物は、多かれ少なかれ人間の身体感覚を狂わせる。


日本にいた時は自転車はよく乗ったけど、

最近は乗ってないので、自転車すらも苦手になったかもしれない。


私がビデオゲームは苦手なのも

身体感覚に敏感なせいかもしれない。

ビデオゲームはあなり好きじゃない理由

ボードゲームやカードゲームは好きだけど、

身体感覚が狂わされる気がするから、

ビデオゲームはあまり好きじゃない。


カードゲームはポーカーとかも好きだ。

玩具のコインを使っても結構熱中できる。


ボードゲームやカードゲームは対戦する相手と

「場」を共有している感覚が好きだ。

場を共有している感覚

場を共有している感覚とは、

無言のコミュニケーションだと思う。


「本物のコミュニケーションは、

言葉と沈黙の両方で成り立つ」

と言った思想家がいたが、その通りだと思う。

まとめ

以上、今回の記事では、

身体感覚と心の健康について考えてみました。


多様な意見の一つとして、少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net