読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

完璧よりも「ほどほど」を目指せ!現代日本の母親のプレッシャー

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、現代日本の母親の重圧について

考えてみたいと思います。

f:id:kbooks:20160930022854j:plain

現代日本の母親のプレッシャー

今の日本を見てると、

「良い母親にならなければ」というプレッシャー(重圧)って

すごいんだなぁ〜と思う。


良い母親じゃないと母親失格で、さ

らにそれは自分の全人生を否定されるような感じがする。


good enough(ほどほど良い)を目指すぐらいでないと、

苦しくなっちゃうんじゃないかなぁ〜と思う。

完璧な母親は男の妄想?

そもそも完璧な母親なんて、

この地球上に存在しないのに、

どうしてそれを目指そうと思うんだろうか?


あれは単なる男の妄想なのかと思う。

または、単なる子供のわがままだろう。


でも、その勝手な男や子供の妄想を、

どうして女性は内面化してしまうんだろう?


そんな理想の押し付けは拒否すればいいのにと思ってしまうけど、

そう簡単にはいかないのだろうか?

斎藤学「インナーマザー」

ちなみに「完璧な母親を目指すと、子供にとっても悪影響だよ」

ということを説明した本は、こちらです。

インナーマザー ?あなたを責めつづける心の中の「お母さん」? (だいわ文庫)

インナーマザー ?あなたを責めつづける心の中の「お母さん」? (だいわ文庫)

まとめ

という訳で、今回の記事では、

現代日本の母親の重圧について考えてみました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net