読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

「ナリワイをつくる」と非バトルタイプの人間

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では「ナリワイをつくる」について考えてみました。

ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方

ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方

「ナリワイをつくる」

「ナリワイをつくる」の伊藤さんは、

やってる内容も考え方も人柄も好きなんだけど、文章が少し苦手だ。


話の展開やペースが早すぎて、

一読者として少し置いてきぼりになる気がする。


もう少し落ち着いたペースの文章が好きだ。


でもやってるプロジェクトは素晴らしいと思うし、生き方も共感する。

非バトルタイプ

特に、非バトルタイプっていうのに共感しますね。

私もバトルはダメなタイプなので…


以下、伊藤さんの言葉の抜粋です。

言い忘れましたが、このナリワイ本は、

激烈な競争や、強すぎる権力志向がダメな人のための本です。


昨今「自分をブランド化して他人より目立って成功しよう!」というような

戦闘型の考えにまとめられた本が多く、

これは典型的なバトルタイプの人のための考え方なので、


生来バトル好きではない人が読んでも、

しんどいだけであんまり役に立ちません。


特にバトル好きの方は、

目立つのが好きなのでガンガン目立つ本を出しまくるので

書店の本棚がバトルタイプの本で埋まっていております。


自己啓発色が強すぎると、

下手をするとミニカルト宗教になってしまいます。


カルト宗教は自分の頭で考えられなくなるので、

ナリワイ的にはお勧めしません。


特に著者がへんに高いセミナーをはじめたら注意と警戒が必要です。

フルサトをつくる

長文の引用になってしまいましたが、

本当にその通りだなと思って、全面的に共感します。


伊藤さんは、phaさんとの共著で、

「フルサトをつくる」という本も書かれています。

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

この本に関しては、以前こちらの記事でも紹介しました。

www.glocallife.net

まとめ

という訳で、今回の記事では、

「ナリワイをつくる」について考えてみました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net