読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

あなたの人生が上手くいかないのは、金がないせいなのか?

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、お金と人生の幸福の関係について考えてみました。

f:id:kbooks:20170316003513j:plain

トランプ支持の白人貧困層

トランプ支持の白人貧困層は

「金さえあれば、自分の人生の不如意が帳消しになると信じている」という面で、

拝金主義者なのかもしれない。


お金がなくても自分の人生に満足している人間は、

人種主義を振りかざして、他人を傷つけようとは思わない。


自分の中に金や人種以上の価値を見出せなかった負け犬だ。

金に対するコンプレクッスの裏返し

何百億円という資産を持って生まれたトランプが、

どうして貧困層の気持ちが理解できると、

有権者が思い込んだのかは、心底謎だが、


結局は貧困層のルサンチマンは

「金に対するコンプレクッスの裏返し」とも言えそうだ。


だから、トランプの分かりやすい「金の力」のアピールが

魅力的にうつったんだろう。

金のせいで不幸なのか?

「自分の人生が上手くいかないのは、金がないせいだ」と信じている人は多いが、

そういう人に金を持たせても、実際に幸福になれる可能性は極めて低い。


金以外の部分で、人生に問題を抱えている人間が多いからだ。


自分の人生の問題に真正面から向き合うよりも、

金がないせいにして、逃げている方が楽なのだ。

分かりやすい安心の目安が「金」

今の世の中を見ると、

分かりやすい安心の目安が「金」なんだろうなと思う。


現代のように変化が激しい時代に、

不安を感じるのは当たり前だ。


だからこそ「年収=安心」として求めるんだろうな〜 


でも年収が高い人より「最低限に必要な生活費が低い人」の方が、

小回りがきいて、サバイバル能力が高そうだ。

金という「抽象的な価値」

結局は、金という「抽象的な価値」を、

どう理解するという生き方の問題になるんだと思う。


「『金=幸福』ではない」とうそぶきながらも、

分かりやすい安心の目安として金を求めるのは、

やっぱりどこか不安だからなのだろうと思う。

人生に必要なものは勇気と想像力

「人生に必要なものは、勇気と想像力。

それと、ほんの少しのお金です」というチャップリンの言葉が、

お金との程よい距離感を表している気がする。


確かに人生にお金は必要だ。

ただ勇気と想像力があれば、本当に必要なほんの少しのお金で足りる。

特に必要でないお金を得るために、苦しんでいる人は多い。

まとめ

という訳で、今回の記事では、

お金と人生の幸福の関係について考えてみました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。