読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

働き者より怠け者を重用せよ!「働き者=偉い」は間違いだった!

仕事とお金-働き方の変化 仕事とお金

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、ドイツの軍人の有名な組織論をご紹介します。

f:id:kbooks:20161220040933p:plain

4種類の人間

ハンマーシュタインというドイツの軍人の有名な組織論がある。

彼は、人間を4種類に分けて、以下のように言った。

①有能な怠け者→指揮官にしろ!

②有能な働き者→参謀にしろ!

③無能な怠け者→ルーティーン・ワークをやらせろ!

④無能な働き者→何もやらせるな!

簡単にまとめると、重要なのはこの2点です。

①「有能な怠け者」に一番裁量を与えるべきである。

②「無能な働き者」は有害である。

働き者より怠け者を重用する理由

働き者より怠け者を重用する理由は、

こちらのブログの説明が分かりやすかったので、引用します。

軍人は4つに分類される。

有能な怠け者。これは前線指揮官に向いている。

理由は主に二通りあり、一つは怠け者であるために部下の力を

遺憾なく発揮させるため。そして、どうすれば自分が、

さらには部隊が楽に勝利できるかを考えるためである。



有能な働き者。これは参謀に向いている


理由は、勤勉であるために自ら考え、また実行しようとするので、

部下を率いるよりは参謀として司令官を補佐する方がよいからである。

また、あらゆる下準備を施すためでもある。



無能な怠け者。これは総司令官または連絡将校に向いている、もしくは下級兵士


理由は自ら考え動こうとしないので

参謀の進言や上官の命令どおりに動くためである。



無能な働き者。これは処刑するしかない


理由は働き者ではあるが、

無能であるために間違いに気づかず進んで実行していこうとし、

さらなる間違いを引き起こすため。

無能な働き者。これは処刑するしかない。: 夢・東京Global Network

ゼークトの組織論

この分類は、ゼークトの組織論とも呼ばれるものです。


ゼークトの組織論に関して、もっと知りたい方は、

こちらの記事に詳しい説明がありました。

xn--110-rf4b302pzd3bcnm.com

「働き者=偉い」は間違い

日本で問題なのは、

「無能な働き者」が実際は有害であるのに、

もてはやされていることだ。


日本人はいい加減に、

働き者を無条件に崇めると盲信する信仰を止めた方がいい。


学校に二宮金次郎の像なんか飾ってるからいけないんだ。

「何を」「何のために」働くか?

大切なのは「働くこと」それ自体ではなく、

「何を」「何のために」働くということだ。


「無能な働き者」より「無能な怠け者」の方が

本人にとっても、周囲の人間にとっても、

遥かに価値的な場合も少なくないのだ。


精神論ではなく、論理的な判断が必要だ。

www.glocallife.net

組織の生産性を下げる人間

ちきりんさんの生産性に関する新刊でも、

「働くことで、他の人の足を引っ張って、

組織の生産性を下げる人間には、

ベーシック・インカムを与えてた方が、

働かせるよりも、よっぽど価値的だ」という議論があった。

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

私は、ちきりんさんの生産性に関する議論は、

あまり好きではないのですが、

この点に関しては全面的に同意します。


詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

www.glocallife.net

まとめ

という訳で、今回の記事では、

ドイツの軍人の有名な組織論をご紹介しました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net