読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

処女作には、その作家のすべてが表れる?

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、本の選び方について考えてみました。

f:id:kbooks:20170306115017p:plain

時間という資源は有限

少し前までは、私は手当たり次第の本を読んでたんだけど、

時間という資源は有限だから、最近はとにかく良書を厳選して、

じっくり読むのが大事だと思うようになった。


二流三流の本をいくら読んでも、あまり役に立たない。


今は一流の本を踏み台にして、

自分自身の生き方や働き方を考える時だと思う。

処女作が最高作?

「処女作には、その作家のすべてが表れる」というが、その通りかもしれない。


日本の多くの作家は、二冊目、三冊目と冊数が増えるに従って、

独りよがりの内容の薄い本が増えていく。


それは読者が単なる「ファン」になって、

健全な「批評家」たり得ない文化風土も関係しているのかもしれない。

自分と合わない本

大体の考え方は共感するが、自分と合わないと感じる人間が書いた本は、

1冊目はよいが、2冊目以降は耐えられない。

クリス・ アンダーソンとか、その典型例だな。


逆にリンダ・グラットンは、二冊目の本も十分に素晴らしい内容だった。

「未来企業 」はあまり興味がなかったんだけど、今度読んでみようかな。

未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ

未来企業 レジリエンスの経営とリーダーシップ

素直に感心して感銘できる本

せっかく本を読むなら

「この人、本当に頭がいいなぁ〜」と素直に感心して感銘できる本を読みたい。


「こいつ、こんなことも分かってないのかよ?

何も見えてなくて、頭悪いなぁ〜」と思いながら読む本は、

時間の無駄だし、イライラして精神的にも消耗する。

まとめ

という訳で、今回の記事では、

本の選び方について考えてみました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net