読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

女性のセクシャリティは、男性の妄想を女性に一方的に投影したもの?

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、

女性のセクシャリティについて考えてみます。

欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差 (ビジュアル文化シリーズ)

欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差 (ビジュアル文化シリーズ)

月経はエロい?

月経にエロティシズムを感じる男性心理がよく理解できない。


アメリカではそういう性癖の人は

あまり見かけないのだが、

日本独特なのだろうか?

誰か説明してほしい。


「性器からの排出」ということで

男性は自慰の快感を投影しているのかもしれないが、

月経で女性が快感を感じるという話は聞いたことがない。


それとも、ただ単に生殖可能なサインに

エロさを感じているのだろうか?


その場合は、

発情期がなくなった人間の代わりのサイン(徴候)だと

思っているのだろうか?


その場合も、

女性は別に月経期に発情する訳でもないから、

男性が一方的にそう受け止めているだけなんじゃないだろうか?

www.glocallife.net

女性のセクシャリティは可能か?

そういう風に考えると、

女性のセクシャリティというのは、

男性の妄想を女性に一方的に投影したものに

過ぎないのではないかと思う。


女性向けのエロ商品も

男性の欲望を内面化して、

女性向けに再生産した物に過ぎないのではないか?


男性との関係に制限されない

女性の内発的なセクシャリティというのは存在するのだろうか?

www.glocallife.net

「欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差」

そういう面から、

今度ちょっと読んでみたいと

興味を持っている本は、こちらです。

欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差 (ビジュアル文化シリーズ)

欲望のコード―マンガにみるセクシュアリティの男女差 (ビジュアル文化シリーズ)

女性の腐女子とか「やおい」とかも、

あんまりよく分からないので、

(そもそも男に萌える感覚が分からない)


ああいう心理を(共感はしないまでも)

分析して理解できるようになるのも

面白そうだと思う。


ただ高価な本だし、Kindle版もないので、

読めるのは、今度日本に帰った時かなとかも思ってる。

まとめ

という訳で、今回の記事では、

女性のセクシャリティについて考えてみました。


結論としては、

女性のセクシャリティというのは、

男性の妄想を女性に一方的に投影したものに

過ぎないのではないかと思う。


ただ女性の腐女子とか「やおい」とかは、

もしかしたら例外かもしれないので、

その心理を分析してみたい。

ということでした。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net