読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

他人に嫌われる恐怖は本能か?日本人とアメリカ人の違いを比較してみた

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、他人に嫌われること対する恐怖について考えてみました。

f:id:kbooks:20170109052624j:plain

他人に嫌われることに対する恐怖

他人に嫌われることに対する恐怖について考えてみた。

それは原始的な人間の感情でもある。


群れとして生きてきた人間にとって、

他人に嫌われるとは、群れから排除されることであり、

それは自分の生存の危機も意味していた。


人間が社会的生物である限り、

逃れられない感情という一面はあるのかもしれない。

文化的な要素も強い

しかし相対的に考えると、文化的な要素も強いのかもしれない。


アメリカ人は「移民の国」として成立したせいか、

日本人より他人に嫌われることを恐れない気がする。


また性別の違いもあるのかもしれない。


女性の方が男性より、

他人に好かれるように振る舞うことを

期待されている場合が多いように思う。

割に合わないことは拒絶する

文化的な要素に関しては、理性的に考えて、

割に合わないことは拒絶する姿勢も大切かもしれない。


社会から一方的に押し付けられた役割や期待に対して

抵抗しないで受け入れるのは、

自分らしく生きるのに妨げになることも多い。


アメリカでアジア系移民が「model minority」と言われる理由だ。


「model minority」に関しては、

こちらの記事で詳しく説明しています。

www.glocallife.net

この記事は男女差別についての記事ですが

「model minority」的な反応をしてしまうのは女性だけではなく、

社畜生活に甘んじている男性も同じかもしれない。

嫌われるほど尊敬される?

そんなことをTwitterでつぶやいていたら、

こんな記事を書いていただきました。

www.realoclife.com

彼女のアメリカ人の旦那さんは、私と考え方がずいぶん違いますが、

すごく興味深いお話でした。


「嫌われれば嫌われるほど、リスペクトされる」とは

一面の真理かもしれませんね。


教育の現場でもそうかもと思いました。

ただ自分もそうしたいかは別ですが…笑


私はアジア系の若手教員として、

アメリカ人の学生に、よく舐められることがあるので、

いろいろと考えさえられました。

www.glocallife.net

嫌われることは人間関係の最適化?

この記事の中で紹介されているイケダハヤトさんの

「嫌われることは、人間関係の最適化である」というのは、

一理あると思った。


私は彼の人を煽るような文体と、

最近の金儲け主義には強い抵抗感があるんだけど、

彼の感性自体は鋭いと思って認めている。


自分とは合わない人からでも、

謙虚に学ぶのって大事だなと思う。


イケダハヤトさんの認めている所と、個人的には苦手な所については、

こちらの記事でも、詳しく書いています。

www.glocallife.net

彼の考え方自体は、そんなに抵抗がないので、

要は、言い方の問題なのかなとも思っています。

詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

www.glocallife.net

タイプが違う人間との交流

イケダハヤトさんに限らず、

私は自分とは違う考えを持っている人に対して

「どうしてそう思うのか?」という純粋な知的好奇心がある。


人間という多様な存在を、できるだけ理解したいんだと思う。


違う考えを持っている人が

「なぜそう思うのか」を分析することで、

人間存在に対する知識と理解が深まるのは面白いと思う。


タイプが違う人間との交流は、

自分の世界を広げてくれると思っています。


詳しくは、こちらの記事もどうぞ。

www.glocallife.net

まとめ

という訳で、今回の記事では、

他人に嫌われること対する恐怖について考えてみました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net