読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

これからの時代の一番大きな格差は学ぶ意欲?自分の頭で考える能力が大切

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、これからの時代の一番大きな格差について考えてみました。

f:id:kbooks:20161212043250j:plain

これからの時代の資産

「ライフシフト」によると、これからの時代は、

以下の3つが大きな資産となる。

①自分についてよく知っていること。


②多様性に富んだ人的ネットワークをもっていること。


③新しい経験に対して開かれた姿勢をもっていること。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

詳しくは、こちらの記事もどうぞ。

www.glocallife.net

教育の投資利益率

経済学者の試算によると

教育 の 投資 利益率 は、

インフレ 率 に 加え て 15%らしい。


株や不動産の投資などと比べても、

格段に利益率が良いし、リスクが少ない。


先行き不透明なこれからの時代に、

一番に投資すべき資産の一つだろう。


ただ教育と言っても、

今までのように「いい大学を出ていれば安心」な時代ではない。


何の役にも立たない学歴ではなく

「自分の頭で考える能力」を磨くべきだろう。

www.glocallife.net

87万3000時間を持つ時代

また「ライフ・シフト」では、このように論じている。

人生を100年とすれ ば、

私たちは一生の間に87万3000時間の時間をもっていることになる。


なんらかの 専門 技能 を 習得 する には

1 万 時間 が 必要 だとよく言わ れるが、

これだけの時間があれば複数の専門技能を学ぶのは十分可能だ。

これからの時代は、

「学校を卒業したら、教育は終わり」など言ってられなくなる。


生涯教育や自己教育の重要性が高まるだろう。


そして、キャリアを中断させても学ぶ機会を持たないと、

どんどん時代から取り残されていくようになる。

www.glocallife.net

教育が果たすべき3つの役割

「ライフ・シフト」では、

教育が果たすべき3つの役割をあげている。

① 新しい アイデア と 創造 性 を はぐくむ のを 助ける。


②人間 ならでは の スキル と 共感 能力 を 発揮 できる よう に する。


③思考 の 柔軟性 と 敏捷 性 など、

あらゆる 分野 で 通用 する 重要 な 汎用 スキル を はぐくむ。

19世紀と20世紀と21世紀の比較

また、このような時代ごとの比較も役に立つだろう。

①19 世紀(産業革命)=物的 資本 が 経済 の 原動力だった。


②20 世紀=教育 と人的 資本 が 大きな 価値 を もっ た。


③21 世紀=アイデア と イノベーション、

創造性と企業家精神が経済価値を生み出す時代になる。

「学ぼうとする意欲」の格差

これからは、ますます生活の質が向上すると同時に

ますます経済格差・教養格差が大きくなる。


長い目でみると教育の格差が1番怖い。


最近よく思うんだけど、教育の格差って、

学歴じゃなくて「学ぼうとする意欲」だと思う。

情報リテラシーと英語能力

今はインターネットがあって、

英語ができれば世界中の全てのことが学べる時代だ。


これからの時代に必要なのは、

情報リテラシーと英語能力だろう。

www.glocallife.net

自動翻訳の普及

英語に関しては、苦手意識を持っている人は多いが、

これから自動翻訳の精度がどんどん上がるから、

最低限のアルファベットさえ読めれば、


英語の文献へのアクセスは、

特に問題はいらなくなると思う。


私は21世紀には外国語学習は不要になると思ってる。

www.glocallife.net

オンライン英会話が主流

将来の英語学習は、

オンライン英会話が主流となるだろう。

www.glocallife.net

外国語は「習うより慣れろ」だが、

日本人の普段の生活では、

英語を使う機会が極端に少ない。


英会話教室に通うより、

低価格で自宅でSkypeなどを利用して、

毎日英語の練習をする方がよほど価値的だ。


英語に関しては、こちらの記事もどうぞ。

www.glocallife.net

アメリカの格差

アメリカにいると、この人達は英語もできるし、

インターネットで世界最先端な研究にも無料で簡単にアクセスできるし、

何にでもなれると思うけど、

肝心要の「学ぼうとする意欲」がない人が多い。


トランプを支持する人とか、それが典型的だ。

自分自身を高めるよりもスケープゴートがほしいだけの場合が多い。

www.glocallife.net

アメリカの教育格差

私の16年間のアメリカ生活は、常に大学と共にあったが、

アメリカの大学卒の割合は上昇傾向にあるとはいえ、

25〜30%に過ぎない。


21世紀に入って、更にアメリカは格差が広がったと思うが、

それは教育の格差でもある。

www.glocallife.net

以前は人種が社会格差を規定したが、

現在は白人の貧困層が増えている。


今回の大統領選の焦点も、結局は格差の問題が大きかったと思う。

貧困層の不満がトランプを後押ししたのだ。

www.glocallife.net

現代アメリカの大きな問題である

格差社会について考えてた記事は、こちらです。

www.glocallife.net

アメリカの移民問題

以前は人種が社会格差を規定したが、

現在は白人の貧困層が増えている。


その不満が反動的な人種主義として吹き出したのだと思うが、

アメリカの富裕層も白人という点に矛盾がある。


アメリカは移民の国で、移民こそがアメリカ発展の原動力なのに、

それを締め付けるのは、自分で自分の首を絞めるようなものだ。


先進国が軒並み低成長の中、

アメリカが発展を続けていられるのは、移民の力が大きい。


しかしトランプのような人も、

アメリカの孤立主義(モンロー主義)の体現者かもしれない。

gendai.ismedia.jp

まとめ

という訳で、今回の記事では、

これからの時代の一番大きな格差について考えてみました。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net