読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

お金の稼ぎ方は一つじゃない!多様な稼ぎ方に必要不可欠な3つの資本

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、

多様なお金の稼ぎ方に必要な3つの資本について

考えてみたいと思います。

f:id:kbooks:20160805040359j:plain

他人に迷惑をかけることは悪か?

他人に迷惑をかけることを必要以上に嫌悪する社会は

病んでいると思う。


そもそも人間は他人に迷惑をかけずに生きることはできない。

お互いに支え合って生きることこそ人間の本質だ。


人がニートを嫌悪するのは、

成人後も親のスネをかじっているからだが、

それはある意味甘えれらない人間の嫉妬の裏返しではないかと思う。

パトロンを持つ人生

そう思うと、

他人にパトロンになってもらって生きるのも、

別に悪いことではないと思う。

人類の歴史では、そういう例はたくさんあった。


そもそもブログというのは、クリエイティブな職種なので、

芸術家とかのアートの一種だと思う。


芸術家にパトロンが付くのは

古今東西の歴史で普遍的に見られた。

マネタイズにやる気のないphaさん

これを書いている時に思い出しているのは、phaさんだ。


はてなブログの古参で有名なのは、phaさんとちきりんさんだが、

抜け目なくマネタイズをするちきりんさんに比べて、

phaさんのブログは、びっくりするほどやる気がない

blog.hatenablog.com

ブログからの収入は2〜3万円

あれだけ有名で、本も3冊も商業出版し、

Twitterのフォロワー2万人以上、

はてなブログの読者登録も1500人以上

Feedlyの読者登録も3000人以上という化け物ブログのくせに、

最近、読んだ記事では、

ブログからの収入は現在は2〜3万円ぐらいだという。


その分、外部のいろいろな所で物を書いていらっしゃるみたいだが、

普通に考えれば「もったいない」ことをしていると思う。

「もったいない」は誰が判断するか?

ただ私の個人的な意見では、

これがphaさん自身が生きやすい生き方なら、

例え他人から見て「もったいない」生き方をしていたとしても、

それはそれで全く問題ないと思う。


そもそも彼の場合は、「もったいない」を言い始めたら、

それこそ「京大を出ているのに、ニートなんかになってもったいない

と言われてしまうだろう。

pha.hateblo.jp

ブロガーにパトロンが付くか?

phaさん自身は「これから自分の未来がどうなるのか全く分からない」と

インタビュー等で答えていらっしゃるが、

私はphaさんみたいなタイプのブロガーは、

いつかパトロンが出てくるんじゃないかと密かに思っている。


phaさんの生き方に共鳴するような人で、

phaさんの好きに生きていいから

経済的に援助させてほしいみたいな感じで。


現段階でも、一定の商業誌から記事の依頼が舞い込むのも

一種のパトロンみたいなものだ(薄給だろうけど)

すでに始まっているパトロン文化?

本格的なパトロンではなくても、

noteなどでは「投げ銭」方式(クリエーターを支える少額の寄付)も始まっている。

www.glocallife.net

あと、こういうのを見ると、

phaさんの場合は、すでに結構パトロンが付いてる気がする(笑)


お金がなくても楽しく暮らす方法

知らない人から5万円振り込まれる

知らない人から5万円振り込まれるってすごいな。


ニートのphaさん

金を稼ぐ方法は一つではない

結局、今回の記事で私が言いたいのは、

金を稼ぐ方法は一つではないということだ。


日本では「金を稼ぐ=あくせく働く」みたいに思っている人が多いが、

phaさんみたいに、生き方に共鳴するような人がパトロンになるようになったら、

それはそれで、立派な金の稼ぎ方だと思う。


それはphaさんの生き方を含めた人徳や運なんだから、

それを「怠けている」「ずるい」「不公平だ」と

非難する権利は誰にもないと思う。

これから必要な3つの資本

ワークシフトの中で、グラットン教授は、

これからのキャリアに必要な資本を3つ挙げた。

1. 知的資本(知識と知的思考力)

2. 人間関係資本(人的ネットワークの強さと幅広さ)

3. 情緒的資本(自分自身について理解し、自分の人生を主体的に選択できる勇気)

www.glocallife.net

ニートの下克上?

これを読んで、phaさんのようなニート生活者は、

現代日本の基準から見たら「怠け者の社会の落ちこぼれ」かもしれないが


グラットン教授が予想した2025年の世界で必要とされている3つの資本は、

そこら辺の普通のサラリーマンよりも豊かに持っていると感じた。


資本主義の社会では

「資本を豊かに持っている人間」が成功する。


そして2025年の世界で必要とされている資本は、

単なる預金残高や給料の多寡というお金の金額では計れないものなのだ。

10年後の成功者は誰だ?

よもすると、2025年の世界では、

例えニートであっても、

知的資本・人間関係資本・情緒的資本を持っている人間が成功し、


(ちなみに知的資本と言っても、

学歴ではなく「自分の頭で考える能力」である)


一流企業のサラリーマンであっても、

その3つの資本を持っていない人間は衰退していくのだ。

まとめ

以上、今回の記事では、

多様なお金の稼ぎ方に必要な3つの資本ついて

考えてみました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net