読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

外国語の世界観を理解するのに最適な学習法「Cultura」を紹介

英語の学習法-英語の考え方 英語と文化-英語の学習法 英語と文化

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、外国語教育の未来について考えてみたいと思います。

f:id:kbooks:20161012015351j:plain

21世紀の外国語教育はどうなる?

以前の記事でも紹介したが、

21世紀の外国語教育を考える時、

アメリカの超一流大学であるMITで始まった

Culturaのモデルが示唆に富んでいると思う。

www.glocallife.net

Culturaでは、それぞれの言葉を学ぶ者同士がインターネット上で議論するが、

その際に自分の意見は自分の母語で表現する。


相手のネイティヴの言葉を読んで、

授業でディスカッションするのが外国語学習となる。

外国語の「世界観」を理解すること

私はこの学習方法は、大変に効率がいいと思う。


外国語を学ぶということは、

究極的には、その言語の「世界観」を理解することで、

外国語で自分の意見を表現することではない。

(国際共通語となっている英語の場合を除く)


自分の母語でも自分の意見を表現できない人間は、

外国語でだってできる訳がない。

www.glocallife.net

自動翻訳と異文化理解力

また自動翻訳の発達で、

単語や文法などの機械的な翻訳は自動にできるようになる。


この際に大切なことは、

翻訳の際に失われた「その言語の独自の世界観」を

どう再構築するかということだ。

www.glocallife.net

こればっかりは、自動翻訳では不可能だ。

技術を使いこなす人間の異文化理解力の問題になる。


異文化を理解する力というか、

多様性を尊重できる人格が、

一番大事なんじゃないだろうか?


技術的な部分は、

後からでも幾らでも自分一人で学べる。

日本に必要な異文化理解力

Culturaのプログラムは本当に素晴らしいから、

日本でも流行って欲しいと思う。


まずはアメリカで流行らないと駄目かもしれないけど、

このモデルの重要さを理解できるのは、

アメリカよりも、日本だと思う。


良くも悪くも、アメリカ文化が、

世界のスタンダード(標準)になっている今の時代だから、

多くのアメリカ人は、異文化理解力について、

大して必要性を感じていないだろう。

www.glocallife.net

逆に、日本みたいな小さな国の方が、

これからのグローバル化時代の生き残りのために、

異文化理解力の必要性を強く感じているのではないだろうか?

www.glocallife.net

旧態依然とした外国語教育

インターネットの発達により、

語学教育の方法が根本的に変わってきたという認識を

持っている人間は少ない。


外国語の学習といえば、

あいも変わらず30年前と同じような方法で、

単語を暗記させて、文法を説明している。


こういう教師は、

新しい変化を本当に学んでないなぁ〜と残念に思う。

人間って簡単に惰性に流されるよなぁ〜

www.glocallife.net

時代の変化に鈍感な人間は山ほどいる

こういう旧態依然とした外国語教師を見ていると、

ニーチェの「ツァラトゥストラはこう言った」の一場面を思い出す。


隠遁者の偉そうな演説を聞かされて別れた後、

ツァラトゥストラは「彼は神が死んだことを気がついてないのだ」と呟く。


今も昔も、時代の変化に鈍感な人間は山ほどいるもんだ。

www.glocallife.net

今の外国語教師の偉そうな教え方を見ていると、

「時代遅れの馬鹿なことを言ってるな」って思う。

まとめ

という訳で、今回の記事では、

外国語教育の未来について考えてみました。


結論としては、

インターネットの発達により、

語学教育の方法が根本的に変わってきた。


ネットでの自動翻訳も手軽にできる今の時代では、

今までのように単語や文法を暗記させても意味がない。


外国語の世界観を理解するのが、一番重要になる。


そのためには「Cultura」は、

大変効率が良い学習モデルで、

外国語教育の未来を考える示唆に富んでいる。

ということでした。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net