読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

勝てる場所で勝負する!私がキャリア・シフトを考えている理由

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、

私がキャリア・シフトを考えている理由について

書いてみたいと思います。

f:id:kbooks:20160823123827j:plain

友人に説明するのが面倒

ブログを読んでくださっている方には、

私のキャリア・シフトも

なんとなく納得してもらえる気がしますが、


ブログを読んでない友人に説明するのが面倒だな〜と

最近よく思います。

www.glocallife.net

基本的に、友達相手には、

小難しい仕事の話なんかしたくないと思ってるので

まあいいのですが、

www.glocallife.net

最近読んだ為末さんの本の中の一節が

私の心情と似通ってるなと思ったので、

紹介させていただきます。

為末さんの本の中の一節

そもそも、 自分 は 何 を し たい のか。


自分 の 思い の 原点 に ある もの を 深く 掘り下げ て いく と、

目的 に 向かう 道 が 無数 に 見え て くる。


道 は 一つ では ない が、 一つ しか 選べ ない。

だから、 A という 道 を 行き たけれ ば、

B という 道 は 諦める しか ない。


最終 的 に 目的 に 到達 する こと と、

何 かを 諦める こと は トレードオフ なの だ。


何一つ諦めないということは

立ち止まっていることに等しい。


為末 大. 諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない (Kindle Locations 337-341). . Kindle Edition.

為末さんの本について、

詳しい感想を語った記事はこちらです。

www.glocallife.net

勝つために諦める

為末さんは、最初は陸上の花形競技である

100メートル走の選手だったんだけど、

オリンピックで勝つために、100メートルを諦めて、

もっと人気のない400メートルに鞍替えしたそうです。


私もたぶん、そういうのに近い気持ちです。

自分の目的を達成するために、

自分の得意の分野で勝負しようと思って、

自分が戦うフィールドを変えるだけ。


為末さんがオリンピック出場という目的のために、

花形競技の100メートルを諦めて、

400メートルに挑戦し始めたのと同じ感じ。


最初はなかなか芽が出ないかもしれないけど、

1〜3年続けたら、少しは目処ができると思ってます。


ひとまず今の目標は、そこを目指して頑張ることかな。

ダメだった時のバックアップのプランも考えながら(笑)

勝てるフィールドを選ぶ戦略

やっぱり一流を目指そうとしたら、

為末さんのように「勝てるフィールドを選ぶ戦略」は、

本当に大事だなと思う。


それは傍目には撤退に見えるかもしれないけど、

勝利のための大切な土台だと思う。


私も30代で、社会人の経験も積んだことで、

自分の長所や短所も客観的に分析できるようになって、

自分はどのフィールドで勝負するか、

主体的に意識的に選択する時期が来たように感じてます。

本当の勝負は2050年

ただ私が挑戦したいフィールドは、わりと新しい分野なので、

40歳ぐらいまでは暗中模索で、

いろいろなことの試行錯誤の連続かもしれないけど、


2030年ぐらいまでに、

少しでも芽が出てれば十分かな〜と思ってる。


本当の勝負は2050年ぐらいかなと思ってますし。


そういう面で、独身で子供がいないのは、身軽でいいですね。

www.glocallife.net

30年先を目指す

私が恩師から学んだことの一つは、

「30年先を目指して、1日1日を生きなさい」

ということでした。


もちろん、リスクを取ることに不安はあるけど、

今リスクを取らないと、

30年後に後悔するかもしれない。


「今は、今の仕事の方が安定して見えるかもしれないけど、

30年後は、どうだか分からないよ」と、

私の尊敬する大先輩にも言われましたし。

www.glocallife.net

まとめ

そんな感じで、今回の記事では、

私がキャリア・シフトを考えている理由について

書いてみました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net