読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

TEDトークに学ぶスピーチの重要性と翻訳の問題

世界から学ぶ-日本と世界 世界から学ぶ

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、TEDトークに学ぶスピーチの重要性と

翻訳の問題について考えてみました。

f:id:kbooks:20161216065823j:plain

TEDトークのビデオ

前回の記事で、

ブレネー・ブラウン教授の本を紹介したが、

www.glocallife.net

彼女は、TEDトークでも2回講演しています。


そのビデオが、本当に素晴らしかった。

この人は、本当にスピーチが上手だと思う。


日本語字幕付きのビデオを見つけました。

一回目は、こちらです。

www.ted.com

二回目は、こちら。

www.ted.com

スピーチの力ってすごい

TEDトークのビデオを原稿と見比べてみると、

やっぱりスピーチの力ってすごいなぁ〜と思う。


原稿を読むだけだと、大して感銘を受けないが、

スピーチにされると胸が揺さぶられる。


こういうスピーチ力が日本人は下手なんだよな。


原稿をただ読んでるだけで、人の心を動かせない。


教育の問題なのだろうか?

www.glocallife.net

英語の方が面白い

ブレネー・ブラウン教授の本は、

「The Gift of Imperfection」を英語で読んで、

The Gifts of Imperfection: Let Go of Who You Think You're Supposed to Be and Embrace Who You Are

The Gifts of Imperfection: Let Go of Who You Think You're Supposed to Be and Embrace Who You Are

  • 作者: Brene Brown Ph.D L.M.S.W.
  • 出版社/メーカー: Hazelden Publishing
  • 発売日: 2010/08/27
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

「Daring Greatly」を日本語訳で読んだんだけど、

本当の勇気は「弱さ」を認めること

本当の勇気は「弱さ」を認めること

この人の文章は、やっぱり英語で読んだ方が面白いな。


5代続いた生粋のテキサス人と自称しているように、

ユーモアのセンスが、すごくアメリカ的なので、

翻訳だと失われてしまう気がする。


この翻訳とか、タイトルから言って、

売れなさそうなのが、すごく残念だ。

「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 (単行本)

「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 (単行本)

意訳か直訳か

「Daring Greatly」の日本語訳

「本当の勇気は「弱さ」を認めること」の翻訳は、

だいたい良かったけど、

一点だけ気に入らないのは、

「wholehearted」を「偽りのない」と訳していることだ。


「誠心誠意」から来たんだろうが、

少し意訳すぎるのではないかと思う。


多少不自然でも「全人格的」とかの方が正確ではないかと思う。

著者の生の声に耳を傾ける

日本語訳で読む方が、速読はしやすいんだけど、

じっくり著者の生の声に耳を傾けて味わうには、

やっぱり原文を読むのが好きだ。


「wholehearted」を「偽りのない」と訳しても、

内容は間違っていないかもしれないけど、


細分化されている現代社会の中で「whole」っていう感覚が

個人的には、すごく重要だと思える。

www.glocallife.net

まとめ

という訳で、今回の記事では、

TEDトークに学ぶスピーチの重要性と

翻訳の問題について考えてみました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net