読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

一見の価値アリ!今年読んだ200冊以上の中から厳選10冊を紹介!

本・漫画・音楽-おすすめ本 本・漫画・音楽

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、今年読んだ本のベスト10をご紹介します。

f:id:kbooks:20161219053042j:plain

今年読んだ本のトップ10

今年はアマゾンのKindle読み放題などを利用して、

200冊以上の本を読んだのですが、

その中から自信を持ってオススメできるトップ10をまとめました。


他にも良かった本は、たくさんありましたが、

何度も読み返す価値があるとしたら、

この10冊ぐらいだと思います。


ランキング形式にしようかとも思いましたが、

読者の方がどの分野に興味を持っているかによって、

順位は違ってくると思ったので、順不同に挙げてみます。


本の内容の良さという点では、

どれも甲乙つけがたい厳選した10冊です。

①ライフシフト

ライフシフトは、

世界的なベストセラーであるワークシフトの続編です。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

この秋に発刊されたばかりですが、

経済学者との共著で、

ワークシフトよりも更に詳しいデータ分析を加えて、

長寿社会の人生設計について書かれています。

www.glocallife.net

ライフシフトの詳しい書評は、こちらをどうぞ。

www.glocallife.net

長寿社会の人生設計については、こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net

ワークシフト

姉妹編であるワークシフトは、

働き方がこれからどう変わってくるかについての本です。

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

最近の「未来の働き方」に関する多くの本も、

ワークシフトの影響を色濃く受けているので、

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

この本を一冊読めば

「これから働き方の展望」についてマスターできると思います。

www.glocallife.net

②限界費用ゼロ社会

この本は内容が濃すぎて、

まだゆっくり書評が書けていませんが、

自信を持ってオススメできる素晴らしい良書です。

限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭

限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭

この本の資本主義に関する洞察は、

とても鋭いので、

今度しっかり考察したいと思っています。

労働から解放される時代が来る?

ひとまず、こちらの記事でも、

この本については、詳しく語っています。

www.glocallife.net

③イスラーム基礎講座

次にご紹介するのは、こちらの本です。

イスラーム基礎講座

イスラーム基礎講座

1冊でイスラム世界観を網羅する最強本

イスラムや中東関係の本を集中的に読み漁ったのですが、

その中で、ダントツに一番良かったです。


イスラムや中東関係を理解するのに必要な知識は、

この一冊で全て身につくほどの内容が充実した本です。


書評は、こちらです。

www.glocallife.net

④超簡単 お金の運用術

次は、こちらの本です。

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

私は比較文学などを研究している超文系の人間なので、

これまで金融や投資とは、一切無縁に生きてきました。


ただアメリカでは、退職金を自分で投資運用しなければいけないので、

一度腰を落ち着けて、お金のことをしっかり勉強しようと思い立ち、


金融や投資、経済学の本を、ここ1〜2年で、

日本語と英語を含めて、40〜50冊ぐらい読みました。

一番安全で堅実な貯金方法

私はお金に関しては、とても保守的で、

ギャンブルみたいな投機には一切興味がないので、

とにかくできる限り安全で堅実な運用ができる方法を探しました。


読み漁った本の中で、唯一自信を持って

日本の両親や友人に勧められるのは、この本です。


詳しい書評は、こちらの記事をどうぞ

www.glocallife.net

⑤ベーシック・インカム

次にご紹介するのは、こちらです。

ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか (中公新書)

ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか (中公新書)

私は、この本を読むまでは、

ベーシック・インカムは理想論のイメージが強かったのですが、


この本では、経済学の博士号を持った財務省の元キャリアが、

ベーシック・インカムの必要性を数字の上から説明しています。

福祉政策に無駄が多すぎる

とにかく今の日本の福祉政策に無駄が多すぎるというのが一番の論点で、

その解決法を探った本とも言えます。


「(ベーシック・インカムの議論で)一つ 共通 し て いる のは、

現状 の 福祉 政策 は、 それ が 本当に 必要 に し て いる 人 には 届か ず、

官僚的 な 無駄 を 生ん で いる という 批判である」という指摘は共感できました。


詳しい書評は、こちらです。

www.glocallife.net

⑥家族を超える社会学

私はどうも現在の家族の形が、

時代の変化に対応しきれていないと思っているので、

こちらの本は、とても興味深かったです。

家族を超える社会学―新たな生の基盤を求めて

家族を超える社会学―新たな生の基盤を求めて

社会学者たちの論文集なので、

多様な視点が学べてオススメです。

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net

結婚や子育ての違和感

結婚や子育ての違和感に関しては、こちらもどうぞ。

www.glocallife.net

⑦しないことリスト

疲れた時に読むと癒される、お気に入りの一冊です。

しないことリスト

しないことリスト

各章が短いので、疲れて頭が働かない時でも、

サッと読めるのがオススメです。


著者の飾らない人柄を感じられる文章が好きです。


こちらでも軽く書評は書きましたが、

www.glocallife.net

こっちの記事の方が、

詳しく内容を紹介しているかもしれません。

www.glocallife.net

持たない幸福論

ちなみに、同じ著者の「持たない幸福論」は、

去年の私ランキングのベストでした。

こちらに書評記事も書いてあります。

www.glocallife.net

⑧諦める力

この本は、アマゾンのKindle読み放題に入っていたので、

軽い気持ちで読み始めたのですが、

期待以上の良書でした。

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

書評は、こちらです。

www.glocallife.net

逃げる自由

続編は、こちらです。

逃げる自由 〈諦める力2〉

逃げる自由 〈諦める力2〉

⑨本当の勇気とは弱さを認めること

アメリカで不動のベストセラーになっている本で、

アメリカ人の友人に勧められて読みました。


日本語訳は、こちらです。

本当の勇気は「弱さ」を認めること

本当の勇気は「弱さ」を認めること

この本の書評記事は、こちらです。

www.glocallife.net

ネガティブな感情の魔法

もう1冊姉妹編として、こちらの本もオススメです。

「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 (単行本)

「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 (単行本)

翻訳したタイトルは胡散臭いですが、

原題は「The Gifts of Imperfection」でした。

直訳すると「不完全の贈り物」という感じでしょうか?

こちらの本は、私は英語で読みましたがオススメです。

The Gifts of Imperfection: Let Go of Who You Think You're Supposed to Be and Embrace Who You Are

The Gifts of Imperfection: Let Go of Who You Think You're Supposed to Be and Embrace Who You Are

10.内向型人間のすごい力

翻訳のタイトルが少しアホっぽいですが、

著者の初の著作にして、世界的なベストセラーで、

37ヶ国語に翻訳された名著です。

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

文庫版は、こちらです。

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

内容の完成度の高さに驚く本

こちらの記事で、本の内容を詳しく説明しましたが、

ハーバードとプリンストン大学のロースクールを卒業して、

ウォール街で弁護士をしてた頭脳明晰な著者が

7年かけて完璧にリサーチして書いたので、

本の内容の完成度の高さに驚きます。

www.glocallife.net

まとめ

という訳で、今回の記事では、

今年読んだ本の中からベスト10をご紹介しました。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net