読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

日本を救うのはベーシック・インカム?元財務省キャリアが語る日本の福祉政策の問題点

本・漫画・音楽-おすすめ本 本・漫画・音楽

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では「ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか」の書評をご紹介します。

ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか (中公新書)

ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか (中公新書)

きちんとした数字の裏付けがある本

きちんとした書評記事を書く前に、

こちらの記事で一足先に紹介していまったが、

www.glocallife.net

この本が、他のベーシック・インカムについての本と一線を画しているのは、

現在の日本の状況に即して、

ベーシック・インカムの必要性と実現可能性を

きちんとした数字の裏付けを元に論じている点だ。

経済学博士の財務省の元キャリア

まず、著者の原田泰さんの経歴が半端ない。


一言に言えば、

東大で経済学の博士号とった財務省の元キャリアという感じだ。


詳しくは、こちらをどうぞ。

1950年(昭和25年)、東京都に生まれる。

東京大学農学部卒業。博士(経済学)。


経済企画庁国民生活調査課長、海外調査課長、

財務省財務総合政策研究所次長、

大和総研専務理事チーフエコノミストなどを経て、

早稲田大学政治経済学術院特任教授、東京財団上席研究員。


著書『昭和恐慌の研究』(共著、東洋経済新報社、日経・経済図書文化賞受賞)、

『日本国の原則』(日経ビジネス人文庫、石橋湛山賞受賞)ほか

(「BOOK著者紹介情報」より)

内容も文章もいい

本の内容も、経歴に恥じないだけのものはある。


そういうお人柄なのか、経済学者の常なのか、

やや断定調の言葉を使うが、

独特の文体で読ませるのも上手い。


とにかく数字が沢山出てくるので、

数字が苦手な人は、

「あとがき」を読むだけでも、

本書の主張が綺麗にまとめられている。

福祉政策に無駄が多すぎる

ベーシック・インカムという言葉に踊らされやすいが、

とにかく今の日本の福祉政策に無駄が多すぎるというのが一番の論点で、

その解決法を探った本だとも言える。


著者の原田さんは、本の中でこのように述べている。

「(ベーシック・インカムの議論で)一つ 共通 し て いる のは、

現状 の 福祉 政策 は、

それ が 本当に 必要 に し て いる 人 には 届か ず、

官僚的 な 無駄 を 生ん で いる という 批判である」

現実主義を貫く本

この本は、徹頭徹尾、現実主義を貫いている。


100%完璧な福祉政策などは存在しない。

政治というのは、妥協の産物である。

www.glocallife.net


問題は、ベーシック・インカムが全ての人間を救えるかではない。


問うべきなのは、今の日本の福祉政策と、

ベーシック・インカムを比べて、

どちらが「よりマシな」政策であるかということだ。

現行の福祉政策の再編

この本を読むと、今の日本の福祉政策に無駄が多すぎて目眩がする。


福祉は絶対に大事だが、今のやり方はあまりにも効率が悪すぎて、

こんな風に税金を無駄遣いされていることに憤りを感じる。


ベーシック・インカムは、

国家の支出を増大させるのではなく、

現行の福祉政策の再編なのだ。


今の年金制度では、世代間の不平等性が大きすぎるので、

ベーシック・インカムに移行した方がよっぽどマシなことを、

この本を読んで学んだ。

www.glocallife.net

金融専門家もベーシク・インカムを支持

ちなみに、金融専門家の山崎元さんも

2007年からベーシク・インカムを支持してる。


行政のスリム化という観点は、大変に納得できる主張だ。

blog.goo.ne.jp

山崎元さんについては、こちらの記事でも紹介しています。

www.glocallife.net

最低賃金の値上げは意味ない?

つい最近も「最低賃金を1500円に」という議論が起きたが、

気持ちは共感するんだけど、


最低賃金を上げた所で、

グローバル化の今は、海外の安い労働力を使えばすむから、


長期的に見れば、最低賃金をあげることは、

逆に、日本の労働者の首を締めることになると思うんだよね。


私は最低賃金の値上げよりも、

ベーシック・インカムの方を支持します。

フィンランドの試み

まあ、いろいろと語りましたが、

政治家も官僚も硬直化している日本では、

現時点でのベーシック・インカムの実現は望み薄いと思ってます。

www.glocallife.net

ただ30〜50年後には、日本の財政赤字が悪化して、

ベーシック・インカムの実現に、

真面目に取り組むことになる可能性は高いと思ってます。


ちなみに、福祉先進国である北欧のフィンランドでは、

ベーシックインカムに近い試みを

試験的に導入する方針を明らかにしたそうです。

www.afpbb.com

まとめ

という訳で、今回の記事では、この本を通じて、

ベーシック・インカムについて考えてみました。

ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか (中公新書)

ベーシック・インカム 国家は貧困問題を解決できるか (中公新書)

多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net