読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

思想の自由と差別撲滅の両立?Airbnbの「コミュニティの誓約」

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、思想の自由と差別の撲滅の両立について考えてみたいと思います。

f:id:kbooks:20161030024046j:plain

Airbnbって何?

まず初めに「Airbnbって何?」という方は、

こちらの記事をご覧ください。

airlog.jp

アメリカでは大人気のサービスなので、

私も何度か利用したことがあります。

ホテルを利用するより、

よっぽどコストパフォーマンスが良いと思ってます。

ちなみに、キャンプについて書いた記事は、こちらです。

www.glocallife.net

Airbnbの「コミュニティの誓約」

本題に話を戻して、

今朝、メールをチェックしていたら、

Airbnbからのこんなメールが目に飛び込んできました。

f:id:kbooks:20161030021540p:plain

詳しくは、こちらの記事でも紹介されています。

Airbnbの利用の際に、人種差別などが問題になっているようです。

www.gizmodo.jp

思想の自由と差別の撲滅の両立

このAirbnbの「コミュニティの誓約」は大事なことだと思う。

偏見や差別意識を持つことは自由だ。

しかし、そういう人間には利用できないサービスもある。

どの人間にサービスを提供するか決める自由も存在するからである。

言論や思想の自由と、偏見や差別の撲滅を両立させるのは、本当に難しいが、

この辺りが落とし所なんじゃないだろうか?

「多様な人間と交わるようなサービスの利用者は、

偏見や差別をしないと自主的に誓約してもらう。


誓約しない人間には、サービスが利用できない。

実際に差別的行為をしたら、誓約違反として罰則がある」

というシステムが、最も論理的ではないかと思う。

そもそも差別は憲法違反

偏見や差別をしない誓約という面では、

そもそも憲法で差別は禁止されている。


その憲法の精神に基づいて、

ほとんどの国では、差別を違法とする法律を整備しているが、

日常の千差万別の場面を、一律で法律でくくるのは難しい。


そのような法的整備の補完的役割として、

このような「コミュニティの誓約」にも意味があると思う。

www.glocallife.net

まとめ

という訳で、今回の記事では、

思想の自由と差別の撲滅の両立について考えてみました。


結論としては、以下の3点です。

1)憲法で差別は禁止されているが、

日常の千差万別の場面を、一律で法律でくくるのは難しい。


2)Airbnbの「コミュニティの誓約」は、

「Airbnbの利用者は、偏見や差別をしないと誓約してもらう。

誓約しない人間には、サービスが利用できない」というものだ。


3)言論や思想の自由と、偏見や差別の撲滅を両立させるのは難しいが、

法的整備の補完的役割として、

このような「コミュニティの誓約」にも意味があると思う。

多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net