読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

マズローへの違和感!知識欲は食欲、自己表現は排泄欲と同じ?

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、マズローの欲求5段階説への違和感を考えてみます。

f:id:kbooks:20161031123032p:plain

マズローの欲求5段階説

「人間の欲求」というと、

マズローの欲求5段階説が有名だが、

正直私は、少し違和感を感じている。


マズローの欲求5段階説についての説明は、

こちらのサイトがわかりやすい。

www.motivation-up.com

簡単に説明すると、

アメリカの心理学者のマズローは、

人間の欲求とは、以下の5段階があると説いています。

①生理的欲求(食べたい、飲みたい、寝たいなど)

②安全欲求(雨風をしのぐ家・健康など)

③社会的欲求(帰属欲求)(集団に属したり、仲間が欲しくなったり)

④尊厳欲求(承認欲求)(他者から認められたい、尊敬されたい)

⑤自己実現欲求(自分の能力を引き出し創造的活動がしたいなど)

そして、低次の欲求が、ある程度充たされてから、

次の階層の欲求を求めると論じました。

マズローへの違和感

このマズローのモデルは、

確かに、論理的に筋が通る部分もあるので、

全否定はしたくないが、


自分自身を振り返ると、

どうも、自分には当てはまらない部分が多くて、

違和感を禁じ得ない。


ちなみに、マズローの説への賛否両論は、

Wikipediaにも、手早くまとめてあります。

欲求段階説 (マズロー) - Wikipedia

「自己実現欲求」は「生理的欲求」と地続き?

自己分析をしてみると、私の場合は、

普通に「生理的欲求」や「安全欲求」はあっても、

「帰属欲求」や「承認欲求」は、あまり感じない。


そして、時には、飲まず食わずで睡眠も削って、

「生理的欲求」を押しのけるほど、

「自己実現欲求」を感じる。


私にとって「自己実現欲求」は、

「生理的欲求」(食べたい、飲みたい、寝たいなど)と

地続きなんじゃないかと思う。


そして「帰属欲求」や「承認欲求」も

「安全欲求」の一種なのではないかと思う。

自己実現や自己表現も排泄欲の一種?

以前の記事で「排泄欲」について考えたけど、

www.glocallife.net

「自分の内から外へ出す」という意味で、

自己実現や自己表現も、

一種の排泄欲の高度に洗練された表れ方じゃないかとも思う。

知識欲は食欲と同じ?

知識欲も「外部の世界を自分の内部に取り込む」という面で

食欲と似たようなものかもなと思う。

www.glocallife.net

高次元な欲望は動物との違いが浮き彫りになる?

そう考えると、人間の欲望というものは

「食欲」「睡眠欲」「排泄欲」というシンプルなものに還元されるが、

ただそのレベルに、低次か高次かの違いがあるだけなのかもしれない。


高次元な欲望であればあるほど、

動物との違いが浮き彫りになり、

人間の尊厳を輝かせるものなのではないだろうか?

まとめ

という訳で、今回の記事では、

マズローの欲求5段階説への違和感を考えてみました。


結論としては、以下の3点です。

1)マズローの欲求5段階説への違和感は、

そのピラミッド型の序列だ。


2)どの欲求がより重要であるかは、

個人によって異なる部分が大きいと思う。


3)自己実現は排泄欲、知識欲は食欲というように、

高次元の欲求と考えられているものも、

「食欲」「睡眠欲」「排泄欲」というシンプルなものに

還元されるのではないだろうか。

多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net