読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

女性の政治家たちを「女性だから無条件に支援する」とまでは思えない

どうも、Glocal Lifeです。

今回の記事では、最近注目を浴びることが多い

女性の政治家達について考えてみたいと思います。

f:id:kbooks:20161203184230j:plain

韓国の朴槿恵大統領

まず最初に韓国の朴槿恵大統領について。

ソウルで数十万人デモ集会などで話題を集めています。

www.sankei.com

この国政介入疑惑事件の時に思ったのですが、

これはすごい韓国らしい事件だと思う。

www.afpbb.com

韓国に留学した時に思ったんだが、

良くも悪くも女性同士の距離が近い。


女同士で手を繋いだり、腕組んで歩いてるから、

最初はレズがたくさんいるのかと思った。


ただこれは政治家としてのタブーだろう。

当選した時から思ってたけど、朴大統領はあまり応援できない。

「女性だから無条件に支援する」とまでは思えない

私は女性の政治家が増えるのは良いことだと思うし、

応援したいと思うが、

「女性だから無条件に支援する」とまでは思えない。


ヒラリーやら韓国の朴大統領やら小池都知事やら、

どうも私的には微妙な人が多いな。


ただこの3人の中では、

ヒラリーが一番マシかもと思っていたので、

今回の大統領選の結果は残念です。

www.glocallife.net

ミシェル・オバマの方が好き

まあ、個人的な好みで言ったら、

私は正直ヒラリーよりもミシェル・オバマの方が好きです。


ヒラリーの方が政治家としては有能なんだろうけど、

人間としてミシェル・オバマの方が信頼できる。


ヒラリーは有能なんだけど、

イマイチ100%信頼しきれない部分が不安なんだよなぁ〜 

www.glocallife.net

ミシェル・オバマは、様々な差別も体験して、

本当に苦労してきたから、そこが魅力だと思います。


「黒人女性」として生まれ育っただけで、

味わってきた屈辱や苦渋の経験は、

日本で生きている私たちの想像を絶すると思う。


このスピーチとか、本当に素晴らしい。

www.glocallife.net

ヒラリーの不人気

ヒラリーは、選挙戦の後半の多岐にわたる疑惑のダメージが大きかったですね。

クリントン財団との関係も取り沙汰されてたし、

「政治と金」のスキャンダルには、有権者はもう飽き飽きしてましたしね。

business.nikkeibp.co.jp

こういう部分がヒラリーからトランプに票を向かわせたんだと思います。

私はヒラリーは嫌いじゃないし、

初の女性大統領を支援したい気持ちはあるが、

サンダーズ候補者の方が好きだったんだよね。


サンダーズも最初は泡沫候補扱いだったし、

民主党首脳部は、

早い時点でヒラリー1本に絞ってしまっていたが、

もっと他の候補者も真剣に考慮すべきだったと思う。

www.glocallife.net

サンダーズの意外な躍進

Integrityは「高潔・誠実・清廉」と日本語に訳されるが、

アメリカ人が、ビジネスでも政治でも指導者に求める資質のトップ条件の一つだ。


ヒラリーは、そこが少し疑問視されてるから、

サンダーズの意外な躍進に繋がったんだよなぁ〜

www.glocallife.net

あと、ヒラリーのメール問題をおさらいしたい人に

おすすめの分かりやすいまとめ記事です。

jp.wsj.com

まあ、それでもヒラリーの方が、

トランプよりよっぽどマシだと思ってたのに…

典型的な「政治家気質」の人間

ヒラリーを「人間的に冷たい」と感じる女性有権者の気持ちも理解できる。

www.huffingtonpost.jp

ヒラリーは、わりと典型的な「政治家気質」の人間で、

私はオバマの理想主義的な所の方が人間的に好きだったけど、

ヒラリーも根は決して悪人だとは思わないんだよね。


ヒラリーの22歳の時の卒業スピーチとか普通に感動する。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

www.glocallife.net

まとめ

という訳で、今回の記事では、

女性の政治家たちについて考えてみました。


結論としては、

私は女性の政治家が増えるのは良いことだと思うし、

応援したいと思うが、

「女性だから無条件に支援する」とまでは思えない。


女性政治家と言っても、中身が大事だと思う。

ということでした。


多様な意見の一つとして、

少しでも皆様のご参考になれば嬉しいです。

これからもGlocal Lifeをよろしくお願いします。

関連記事

こちらの記事も合わせてどうぞ。

www.glocallife.net
www.glocallife.net