読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

雪が降る日の眠気とアメリカのラーメンの話

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事は、雪が降る日の所感です。

仕事を選ぶ基準!まず自分に合う生活スタイルを見つけるのが大切

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では 仕事を選ぶ基準について考えてみました。

アメリカは推薦状社会!推薦状を頼まれた時にどうするか?

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では「推薦状を頼まれた時にどうするか?」を考えてみたいと思います。

会社勤めと無駄な時間は切り離せない?自分で人生を設計しよう

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では、無駄な時間と会社勤めについて、考えてみたいと思います。

発表はオンライン!リアルでは対話と議論が主体のワークショップ

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では、オンラインとリアルのワークショップについて考えてみたいと思います。

マジで面倒!日本とアメリカの大学の教授職の名称の違いをどう訳す?

どうも、Glocal Lifeです。私はアメリカの大学のテニュア・トラック(終身雇用コース)のAssistant Professorなのですが、日本の大学の「助教」とは、全く異なります。

リア充との戦い!米国でコミュニケーション能力は10分の1に激減?

突然だが、私は社交スキルがやたらと高い、いわゆる「リア充」のアメリカ人学生が、苦手である。

「試験の採点」は皿洗いと「講義の準備」は料理や買い物に似てる理由

現在、期末試験期間で、テストの採点に追われているのですが、試験の採点って、家事の中の「皿洗い」に似てるなぁ〜と思ったので、今回の記事では、そのことについて書いてみます。

現代教育は産業革命モデル?人工知能にはない創造性を磨く教育が必要

ちょうど今日、期末試験の試験監督の一つが終わったところです。今回の記事では、期末試験をきっかけに、現代の「産業革命モデル」の教育の問題点と、「情報革命」の時代に合う新しい教育方法について、考えたことを紹介します。

憂鬱な休日出勤!「おうち好き」と「イベント好き」の超えられない壁

休日出勤から、帰ってきました。「イベント好き」と「お家好き」の超えられない壁を感じた一日でした。

アメリカの大学教授の知られざる資質!イベント好きが必要不可欠!

私は、アメリカの大学教授の仕事は、わりと好きなんですが、「自分に向いてないから、この仕事を続けるの厳しいんじゃないかな?」と一番よく思うのは、学年度末で、行事が重なるこの時期です。

教授になって初めて見えた!学生には見えないアメリカの大学の裏側!

え〜と、前回書いた「アメリカの大学教授の仕事が楽だよ」という記事が、 意外にも多くのブクマをされて、様々なコメントが載っています。私は、基本的に「コメントは、何を書いても自由だ」と思っているので、 一々反論はしたくないのですが、今回の記事に…

1年で4ヶ月以上の休暇!アメリカ大学教授がこんなに楽な3つの理由

アメリカの大学教授の仕事は、世の中にある仕事の中で、「楽な仕事」のトップ10には入るんじゃないかと思っている。その理由を3点、説明します。

無駄な教授会が苦痛でたまらない!合わない場所からは逃げていい

さて、教育と研究という大学教授の仕事について語ってきたので、最後の項目であるサービス(奉仕)について語りたいと思います。

現在評価されるのは結晶性知能だが、未来は流動性知能が大事になる?

昨日に引き続き、私がアメリカの大学での教授職を辞めたい理由のその2です。

ビジネスと化してるアメリカの大学!授業の評価は顧客満足アンケート

これは最初は、ブログに公開するのを気後れしていて、noteの有料記事として書いた物なのですが、 今までのように一日一記事の更新だったら目立つけど、現在のような大量更新だったら、その中の一つに紛れこませれば、そんなに目立たなくない?と思って、サク…

大学や専門に関わらず何処でも同じ!アメリカの大学教授の3つの仕事

アメリカでは、8月か9月から新学年度が始まり、クリスマス前の12月上旬に秋学期が終わり、 年が明けた1月頃から春学期が開始するスケジュールなので、今は春学期の半ばで中間試験等で忙しくなっています。 せっかくなので、今回はアメリカの大学教授の…

今週のお題で考えた!私がアメリカで大学教授になろうと思った理由

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」割と興味深いトピックだったから、お題記事というものを初めて書いてみる。