読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

雪が降る日の眠気とアメリカのラーメンの話

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事は、雪が降る日の所感です。

仕事を選ぶ基準!まず自分に合う生活スタイルを見つけるのが大切

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では 仕事を選ぶ基準について考えてみました。

シェアハウスについて学べる!厳選7冊のおすすめ本

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では、シェアハウスについて学べるおすすめの本を7冊ご紹介します。シェアハウス わたしたちが他人と住む理由作者: 阿部珠恵,茂原奈央美出版社/メーカー: 辰巳出版発売日: 2012/11/16メディア: 単行本(ソフトカバー)…

アメリカは推薦状社会!推薦状を頼まれた時にどうするか?

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では「推薦状を頼まれた時にどうするか?」を考えてみたいと思います。

会社勤めと無駄な時間は切り離せない?自分で人生を設計しよう

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では、無駄な時間と会社勤めについて、考えてみたいと思います。

発表はオンライン!リアルでは対話と議論が主体のワークショップ

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では、オンラインとリアルのワークショップについて考えてみたいと思います。

勝てる場所で勝負する!私がキャリア・シフトを考えている理由

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では、私がキャリア・シフトを考えている理由について書いてみたいと思います。

プライベートでも詳しく仕事のことを聞きたがる人の3つの特徴

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では、プライベートでも詳しく仕事のことを聞きたがる人の3つの特徴を考えてみたいと思います。

会社名も仕事内容も必要ない!友達が真に知りたい仕事の話は3点だけ

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では、友達に仕事を説明する時に必要な3点について考えてみたいと思います。

マジで面倒!日本とアメリカの大学の教授職の名称の違いをどう訳す?

どうも、Glocal Lifeです。私はアメリカの大学のテニュア・トラック(終身雇用コース)のAssistant Professorなのですが、日本の大学の「助教」とは、全く異なります。

リア充との戦い!米国でコミュニケーション能力は10分の1に激減?

突然だが、私は社交スキルがやたらと高い、いわゆる「リア充」のアメリカ人学生が、苦手である。

「試験の採点」は皿洗いと「講義の準備」は料理や買い物に似てる理由

現在、期末試験期間で、テストの採点に追われているのですが、試験の採点って、家事の中の「皿洗い」に似てるなぁ〜と思ったので、今回の記事では、そのことについて書いてみます。

現代教育は産業革命モデル?人工知能にはない創造性を磨く教育が必要

ちょうど今日、期末試験の試験監督の一つが終わったところです。今回の記事では、期末試験をきっかけに、現代の「産業革命モデル」の教育の問題点と、「情報革命」の時代に合う新しい教育方法について、考えたことを紹介します。

憂鬱な休日出勤!「おうち好き」と「イベント好き」の超えられない壁

休日出勤から、帰ってきました。「イベント好き」と「お家好き」の超えられない壁を感じた一日でした。

アメリカの大学教授の知られざる資質!イベント好きが必要不可欠!

私は、アメリカの大学教授の仕事は、わりと好きなんですが、「自分に向いてないから、この仕事を続けるの厳しいんじゃないかな?」と一番よく思うのは、学年度末で、行事が重なるこの時期です。

ゴールデンウィークを呪う貴方に!ラピュタの滅びの呪文の考察3つ

今週は、日本では、ゴールデンウィークだそうですね。 皆さんの楽しそうな様子が、twitterやFacebookのタイムラインから流れてきます。しかし、日本では黄金週間のこの一週間が、 私の勤務しているアメリカの大学では「地獄の一週間」です。

アメリカに対する「割り切れない感情」!好きだけど、認めたくない!

前回の記事で「アメリカに住んでいなかったら、 宇多田ヒカルの曲も今ほど聴いていなかっただろうから、 好きな歌手と認めたくない」という趣旨の記事を書いたが、私のアメリカに対する複雑な感情も、 宇多田に対する「好きだけど、好きだという事実を認めた…

教授になって初めて見えた!学生には見えないアメリカの大学の裏側!

え〜と、前回書いた「アメリカの大学教授の仕事が楽だよ」という記事が、 意外にも多くのブクマをされて、様々なコメントが載っています。私は、基本的に「コメントは、何を書いても自由だ」と思っているので、 一々反論はしたくないのですが、今回の記事に…

人生の岐路で輝き出す!「赤毛のアン」の言葉を日本語と英語で学ぼう

最近よく赤毛のアンの言葉を思い出す。

10人に1人が感じる「生きづらさの正体」が理解できる、おすすめ本

この前から「人生いろいろ模索中です」みたいな記事を沢山書いているのですが、そういう風に思い始めた一番のきっかけは、今年の一月にアスペルガーの診断を受けたからなんですね。

1年で4ヶ月以上の休暇!アメリカ大学教授がこんなに楽な3つの理由

アメリカの大学教授の仕事は、世の中にある仕事の中で、「楽な仕事」のトップ10には入るんじゃないかと思っている。その理由を3点、説明します。

自分・身近な人達・社会!人生に悩んだ時は3つの軸足を確認しよう!

最近、私は人生の試行錯誤を、いろいろ繰り返しているのですが、その中で、これからの人生を考えていくために、この3つの軸が大切だなと思うようになりました。

自分の住む場所として最低限求める、引っ越し先の6つの条件のまとめ

最近は、日本に帰ろうか、アメリカに残ろうか、日本に帰るなら、実家に戻るか、東京に行くか、全然違う所に行くか、 アメリカに残るなら、住みやすいカリフォルニアにでも移住するか、などなど、引っ越しのことを考えることが多いので、 自分の住む場所とし…

日本とアメリカの多拠点居住?夏と冬の日本は避けたいし、移動が面倒

前回の記事では、仕事と生活を完全に切り離した教授の話を紹介しました。 私も大学の学期のある期間は、仕事以外の生活はないと割り切って過ごし、 代わりに、夏や冬の長期の休みの間は、家族や友人と日本で過ごすというのもアリなのかなとも、最近少し考え…

「カントリー・ロード」の歌の故郷!ど田舎の大学の准教授の生き様!

以前の学会で、私と同年代のアジア系の准教授に出会って、他の学会参加者と一緒に、夕食をとったことがあります。

英語が便利な理由!アメリカや日本が駄目なら、他の国に行ける選択肢

私の博士課程時代の友人の一人である、カナダ人の女性は、カザフスタンの大学で、教授として就職が決まった(笑) 英語と日本語しか話せずに、博士論文のテーマも村上春樹についてだったが、 そのカザフスタンの大学では、すべての授業を英語で教えているの…

転職って悩むね!アメリカの仕事は80点、日本の仕事は90点で迷う

今のアメリカでの仕事が、100点満点で点数をつけるなら、80点ぐらいなことも、すごくありがたいのですが、 日本でしたい仕事で、90点になりそうなものを見つけてしまったので、それにも心を動かれています。

幸福感は人それぞれ!アメリカに残るか、日本に戻るか、それが問題だ

仕事の愚痴もブログでいろいろ書いたのですが、基本的には今の仕事は気に入っているんです(笑)

無駄な教授会が苦痛でたまらない!合わない場所からは逃げていい

さて、教育と研究という大学教授の仕事について語ってきたので、最後の項目であるサービス(奉仕)について語りたいと思います。

現在評価されるのは結晶性知能だが、未来は流動性知能が大事になる?

昨日に引き続き、私がアメリカの大学での教授職を辞めたい理由のその2です。

ビジネスと化してるアメリカの大学!授業の評価は顧客満足アンケート

これは最初は、ブログに公開するのを気後れしていて、noteの有料記事として書いた物なのですが、 今までのように一日一記事の更新だったら目立つけど、現在のような大量更新だったら、その中の一つに紛れこませれば、そんなに目立たなくない?と思って、サク…

身体が食物を求めるように、精神の空腹にも耐えられない

お腹が空いたら、食べ物を求めるように、私は定期的に絶え間なく知識を求めなければ生きていけない。

ニートは結局住宅問題!アメリカでニートになるには居候力を磨こう

先日に書いた「家族を持たないなら仕事に縛られない生き方を模索したい」という記事の続きなのですが、 仮に仕事に縛られない生き方を模索するなら、アメリカでするか、日本でするか、どちらかみたいなことを書きたいと思います。

平面ではなく立体で見よ!レールに沿っても外れても生き方は大差ない

昨日のちょっと恥ずかしい自分語りの記事で少しだけ紹介した、学部時代からずっとお世話になっている母校の大学の先生の話がすごく良かったので、もう少しだけ紹介させていただきます。

脱社畜宣言!子供を持たないなら仕事に縛られない生き方を模索したい

この週末から始めたどうしようもない自分を晒け出してみよう企画の続きなんですが、最近、人生の方向転換を考え中です。

大学や専門に関わらず何処でも同じ!アメリカの大学教授の3つの仕事

アメリカでは、8月か9月から新学年度が始まり、クリスマス前の12月上旬に秋学期が終わり、 年が明けた1月頃から春学期が開始するスケジュールなので、今は春学期の半ばで中間試験等で忙しくなっています。 せっかくなので、今回はアメリカの大学教授の…

今週のお題で考えた!私がアメリカで大学教授になろうと思った理由

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」割と興味深いトピックだったから、お題記事というものを初めて書いてみる。