読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

近代と伝統の葛藤と女性の表象「アナスタシア 響きわたるシベリア」

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では「アナスタシア 響きわたるシベリア」という本をご紹介します。アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1)作者: ウラジーミル・メグレ,岩砂晶子,水木綾子出版社/メーカー: ナチュラルスピリット発売日: 2012/09…

ソローと吉田兼好!日米のミニマリストの先駆者たち

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では、日本とアメリカのミニマリストの先駆者たちについて考えてみたいと思います。

自分が犯罪に巻き込まれてた場合の想像力を養ってみる!名作小説5選

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では、自分が何らかの形で犯罪に巻き込まれてた場合の想像力を養ってみる名作小説5選を紹介します。

人を裁くのは英雄行為ではない!刑務所に入れれば終わりじゃない!

どうも、Glocal Lifeです。裁判員制度に関する記事の第三弾です。今回の記事では、判決後のことを考えてみたいと思います。

ドイツの文豪ゲーテに学ぶ!個人攻撃やブログの批判への対処法

どうも、Glocal Lifeです。今回の記事では、個人攻撃やブログの批判への対処法をドイツの文豪ゲーテに学んでみました。

文学は飢えた子供に何ができるか?世界的大作「レミゼラブル」の回答

どうも、Glocal Lifeです。レミゼラブルは、映画になったり、ミュージカルになったりと世界的に有名な作品なので、ご存知の方は多いと思いますが、その中の好きな一節を紹介します。Les Miserables (Everyman's Library Classics S.)作者: Victor Hugo出版社…

英雄より民衆の方が強い!トルストイの「戦争と平和」とナポレオン

私が漫画「キングダム」に違和感を感じる素地は、高校生の時に愛読したトルストイの「戦争と平和」から来ていると思う。戦争と平和〈1〉 (新潮文庫)作者: トルストイ,工藤精一郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/08メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 50…

動物好きに絶対オススメ!「ガンバと仲間達」は楽しく読める児童文学

子供の時に動物も好きだったので、 この「ガンバと仲間達」シリーズも楽しかったですね。冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫044)作者: 斎藤惇夫,薮内正幸出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2000/06/16メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 10…

読書好きには共感度間違いなし!ヘッセの読書の詩とドイツ作家の魅力

小学校中学年ぐらいでしたが、この飛ぶ教室って本も好きでした。飛ぶ教室 (岩波少年文庫)作者: エーリヒケストナー,ヴァルター・トリアー,Erich K¨astner,池田香代子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2006/10/17メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 55回こ…

翻訳によって全然違う!ホイットマン詩集の日本語訳7選の比較まとめ

ホイットマンの詩集「草の葉」の日本語訳は、私は何種類か持っているので、それぞれの長所と短所を比較しながら、ご紹介させて頂きます。

アメリカ民主主義の最良の精神を学びたいなら、ホイットマンを読め!

アメリカの詩人・ホイットマンは、皆さんご存知でしょうか?彼の詩は、本当に素晴らしいです。Leaves of Grass (Wisehouse Classics - Authentic Reproduction of the 1855 First Edition)作者: Walt Whitman出版社/メーカー: Wisehouse Classics発売日: 201…

座右の銘を紹介!米国のホイットマンの詩の一節を英語の原文で読もう

今日は週末ですし、ちょっと格好つけて、座右の銘なんかを紹介してしまいます。 なんて、格好つけても、全部、私の恩師からの受け売りなのですが(笑) 私の恩師は、それはそれは本を沢山読む人で、折々に読んだ本の中から感銘を受けた一節を紹介してくれま…

白人に人種問題が語れるか?映画「ゲド戦記」への原作者の酷評に思う

今回はゲド戦記の原作者のアメリカの白人女性作家による ジブリ映画の酷評に対して、考察を加えたいと思います。

ソロー「森の生活」に思う高校生だった自分と大人になった現在の自分

ソローの名著「森の生活」は、ご存知だろうか?森の生活〈上〉ウォールデン (岩波文庫)作者: H.D.ソロー,Henry David Thoreau,飯田実出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1995/09/18メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 66回この商品を含むブログ (52件) を見る

子供達に優しいワクワクする世界を見せてくれた「コロボックル物語」

最近硬い記事が続いていたので、週末ですし、 箸休めとして、子供の時に一番好きだった本を紹介します。

「ナルニア国物語」と「ドラゴンボール」の実写版

児童文学シリーズの続きなのですが、ナルニア国物語のシリーズも好きでした。ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)作者: C.S.ルイス,ポーリン・ベインズ,C.S. Lewis,瀬田貞二出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2000/06/16メディア: 単行…

「はてしない物語」のブサイクなドラゴンの映像が忘れられない…

以前の記事で、子供の頃に好きだった児童文学の話になったので、この本を紹介します。はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)作者: ミヒャエル・エンデ,上田真而子,佐藤真理子,Michael Ende出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1982/06/07メディア: 単行本…