読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

動物好きに絶対オススメ!「ガンバと仲間達」は楽しく読める児童文学

子供の時に動物も好きだったので、 この「ガンバと仲間達」シリーズも楽しかったですね。冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫044)作者: 斎藤惇夫,薮内正幸出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2000/06/16メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 10…

読書好きには共感度間違いなし!ヘッセの読書の詩とドイツ作家の魅力

小学校中学年ぐらいでしたが、この飛ぶ教室って本も好きでした。飛ぶ教室 (岩波少年文庫)作者: エーリヒケストナー,ヴァルター・トリアー,Erich K¨astner,池田香代子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2006/10/17メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 55回こ…

白人に人種問題が語れるか?映画「ゲド戦記」への原作者の酷評に思う

今回はゲド戦記の原作者のアメリカの白人女性作家による ジブリ映画の酷評に対して、考察を加えたいと思います。

子供達に優しいワクワクする世界を見せてくれた「コロボックル物語」

最近硬い記事が続いていたので、週末ですし、 箸休めとして、子供の時に一番好きだった本を紹介します。

「ナルニア国物語」と「ドラゴンボール」の実写版

児童文学シリーズの続きなのですが、ナルニア国物語のシリーズも好きでした。ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)作者: C.S.ルイス,ポーリン・ベインズ,C.S. Lewis,瀬田貞二出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2000/06/16メディア: 単行…

「はてしない物語」のブサイクなドラゴンの映像が忘れられない…

以前の記事で、子供の頃に好きだった児童文学の話になったので、この本を紹介します。はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)作者: ミヒャエル・エンデ,上田真而子,佐藤真理子,Michael Ende出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1982/06/07メディア: 単行本…