Glocal Life

自分らしさを大切に、世界とゆるく繋がるブログ

2016-04-23から1日間の記事一覧

言葉の力を信じて、自分と相手の両方に対して、誠実な言葉を紡ぎたい

ブログを始めてから、「言葉を大切にしている人」に出会う機会が増えた。

人と対話をするためには自分と対話できないと無理だと思う4つの理由

これまでの人生で、様々な人に出会ってきたが、最近つくづく思うのは、自分自身の心と対話できない人は、人とも対話できないということだ。

社畜は仕事を失うが自由を得る!自分らしく過渡期の時代を楽しもう!

現在の日本のサラリーマンは、「今の仕事が格別好きでもないが、家族を養うための給料を得るために働いている」という人が大多数だろう。そういう善良だが仕事に情熱のない人間は、そういう人間は、遅かれ早かれロボットに仕事を奪われることは確実だ。

現代日本のサラリーマンは奴隷と大差ない!就活は奴隷市場と同じだ!

どうも、Glocal Lifeです。以前の記事でも書いたが、会社に縛られて、妻や子を養う給料をもらうためだけに、自分が本当にやりたいことや好きなことを犠牲にして「社畜」として生きる現代日本のサラリーマンは奴隷と大差ない。特に、就職活動なんて、「奴隷市…

働きたくない人に朗報!労働から解放される時代が、もう少しで来る!

どうも、Glocal Lifeです。「ロボットに仕事を奪われる」というとネガティブなイメージですが、私は「人類が初めて『強制的な労働』から『解放』される時代」だと思っています。

すみません!下書き用の記事を間違えて公開してしまいました!

すみません!下書き用の記事を間違えてアップしてしまいました! 30分間、自分の間違いに気がつかなかったので、その間に、はてなスターをつけて下さった方は、どうも申し訳ありませんでした!

ホモ・サピエンスの時代の終焉!「賢い」人工知能と「共感する」人間

昨日の記事で、「感情」と「つながり」こそが「人工知能にできない」人間の付加価値だと語ったが、 そもそも、人間と人工知能を隔てるものは何だろうか?「人間を人間たらしめている根源的な能力とは何か?」と言い換えてもいい。

英語が便利な理由!アメリカや日本が駄目なら、他の国に行ける選択肢

私の博士課程時代の友人の一人である、カナダ人の女性は、カザフスタンの大学で、教授として就職が決まった(笑) 英語と日本語しか話せずに、博士論文のテーマも村上春樹についてだったが、 そのカザフスタンの大学では、すべての授業を英語で教えているの…

転職って悩むね!アメリカの仕事は80点、日本の仕事は90点で迷う

今のアメリカでの仕事が、100点満点で点数をつけるなら、80点ぐらいなことも、すごくありがたいのですが、 日本でしたい仕事で、90点になりそうなものを見つけてしまったので、それにも心を動かれています。

幸福感は人それぞれ!アメリカに残るか、日本に戻るか、それが問題だ

仕事の愚痴もブログでいろいろ書いたのですが、基本的には今の仕事は気に入っているんです(笑)